宮崎県の地形
海と山と川、自然に囲まれた、宮崎ならではの「坂」がある街。そういった宮崎の地形に対し「家を建てるための土地」と考えた場合どういったことが考えられるのか……。
地盤調査の必要性をご説明します。
 様々な地形
 調査の必要性
様々な地形がある中で、もし地盤調査をしていなかったらどうなるのか?
傾斜地の軟弱地盤の例
軟弱地盤による建物の崩壊
 強い地盤・弱い地盤
切り土・盛り土
説明文
 特に事前に調査が必要な宅地
■近くに田畑がある
■昔は海だった
■近くに川や沼がある
■波打ちや道路にひび割れ
がある
■近くの電柱が傾いている
■土地に高低差がある
 軟弱地盤
■不同沈下
建物が不揃いに沈下を起こすことを言います。
家全体が均等に沈下するのではなく、一方向に斜めに傾くような状態のことです。
■もともと軟弱層
■新しい造成地盤
■擁壁裏の埋め戻しが不十分
 不同沈下による影響
大切なお住まいが、不同沈下により、与える影響は、下記の通りです。
その修繕には新築時並みの費用がかかる場合もございます。
■クラック
■ドア・窓開閉不能
■家屋の傾き
■健康への悪影響
■資産価値の低下
 地盤調査
スウェーデン式サウンディング試験による地盤調査
敷地内の建物が建つ5箇所の地耐力を測定。データに基づき適切な基礎を決定します。
■地盤地耐力調査
■調査報告書
 地盤保証書
国の住宅に関する保険制度では、地盤保証は保険内容に含まれていません。
※ただし、保証会社より解析、提案された建築基準法に基づく基礎工事を施工された物件に限る。
ひむか森林ホーム 株式会社トーモク
〒883-0068 宮崎県日向市亀崎西2丁目170番地 TEL.0982-54-6001 FAX.0982-54-6002